ア・バオア・クー(ブライト・ノアの航海日誌、ガンプランナーさん提供)

                       ア・バオア・クー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文豪の道は華々しく遠い

当ブログの管理人、ザクマニアが小説家を志望しているのは前々からごひいきくださっている観覧者様、あるいはある程度の頻度で訪問くださっている方なら既に知っている事柄でしょう。

今日は特に、アドベンチャー型アニメの典型のように非日常的なことが起こっているのでもなく、ひいては皆さんの興味をそそるようなイヴェントなど言うまでもなく、昨日ヤフー知恵袋での質問に自分の回答がBAになっているわけでもなく、無頓着で無関心、そんなだらだらとした時間を過ごしています。フウ、世の中は常につまらないものです。

手ごろなネタがないというのは以上でお分かりいただけましたでしょう、故にきょうはザクマニアが小説家を志すにいたったそのプロセスを何とは無しに解説していこうという主旨なのであります。

あ、自分。これは勝手に書いてることだからつまんないとかくだらないとかいう批判はいらないよ?そうそう、見たくない人はどうぞご勝手に。みたいなスタンスよ。俺もひいきにしてけど交流も無い他人のブログに自分の夢について長々と語ってあってもさして興味が湧くわけじゃないからその発想は容易に想像つくわけ。だから無理して読まないでもいいんだよ?ほんと。


images (1)
え、なんかこいつ、偉そう・・・・だって? 

アセアセ・・・・。

スンマッセーン!!自分偉そうでしたッ!誤りますっ!懺悔とはいかないまでも謝罪いたしますッ!加えて自分、嘘ついてましたッ!このザクマニア、表面上を気にしてすました態度してましたッ!自分が自分で恥ずかしいッス!だって見てもらえたら嬉しいのは必然の心情じゃんッ!見てもらいたいからブログやってんスよ!すいません!

・・・・・・はい、なんかこういうノリが当ブログにおいてパターン化してきた件について。日々、改善の解法を模索中でございます。ええハイ。

はい本題です。ええ、はい。もう横道に逸れないよう努力する所存でございますはい。


では、ザクマニアが小説家を志すきっかけについてお話します。

ザクマニアが小説に興味を持ち始めたのはおおよそ、中学一年のころでした。その頃、小説というカルチャー概念に対しての解釈はただ、読んでるところが知的で格好良いという、お世辞にも立派な理由ではなかったものです。

そんなことを考え、学校付属の図書室に足を運びました。今思うと非常に軽はずみな行動だったと思います。

当時、その学校では変人な挙動である意味有名だった人物「O・KA・MU・RO☆!!」なる教師が余程几帳面に図書室の管理をしていたので図書室の見栄えは上々でした。

本棚にキチンと整理された本の数々。どれも気品を感じるまでに行儀良くまとまっています。

当時、その筋の意義を知らなかったザクマニアは、より分厚い本にその時の目的である「インテリジェンズ」を感じたのでこのような本を読み終えることを達成したのならばさぞ、誇らしいことだろうと感じ、目当てを分厚い小説に絞っていました。

目の前には名も知らない小説の群れが広がっています。

と、そこで不意に、一つの小説だけが目にとまったのです。なぜ猪突にもその本だけが気になったのかは分かりません。それを運命と言うにはバカらしく滑稽ですが、それを言うのも躊躇しないくらいにその本に惹かれたのは事実でした。


aaascsa.jpg
その名もタイムマシン。SFの父とよばれている、HG・ウェルズのおよそ100年も昔の作品です。通なら知っていて当然の傑作。映画化も過去にされているようです。以前紹介したゲーム、シュタインズゲートでもちらっとこの小説にまつわる話が持ち上がっています。

しかし、ザクマニアにはその本がいかに優れているか。親しまれているかを知りませんでした。にも拘らずその小説を手に取っていたのはいまだ解せません。

内容はそれはもう、驚きの連続でした。ウェルズの100年前という時間のハンデをも覆す想像力、博識さ、文体から語られる情景の鮮明さ。

100年も昔にこれほどの世界観を作り出せるのかと、その偉大さに感銘を受けました。

ザクマニアはその時、当然、読むことがあまり得意でもありませんでした。ですが不思議とすらすらと夢中になって読めるんです。他の小説なら途中で投げ出してしまっていたかもしれません。それほどの語彙と国語力しか持ち合わせていなかったんです。したがって、その物語にザクマニアはすっかり魅了されていました。

気がつくと、もう物語が終わっていました。後味のよい終わり方でしたがそれと裏腹にストーリーの独特の重複さで数時間、鬱のように考え込んでしまいました。

要するに、猛烈に感動したということです。機会があれば是非、読んで頂きたい。

それ以降、影響を受けたザクマニアは小説を読むことに執心しました。あれほどの感動を得ることが出来るのなら小説を読まない手はないとかんがえたわけですね。

そして色んな物語を読んで経験をつみ、それぞれから作者のつたえたい感動を受け取ってきました。

程なく、ザクマニアは曖昧な時間の中、無意識に小説家への志向が出来始めたんです。

人に感動を伝える仕事、それなら俺にも分がある。創作の熱意なら人並み以上ある。俺は小説家になって人に感動してもらいたい。これが小説化志望の発端なんです。

まあ世の中における結論として、人の努力は人に少なくとも恩恵をもたらすがそれが成就するか否かはその人の本質に推移する、というのが極論ですが一般的です。まあこれは自分の持論ですが今世の中に少なからず出回っているでろう「成せば成るの精神」は間違った理屈です。それは一部の人にしか適用されない。

まどろっこしい書き方になってしまいましたがつまり、人が必死こいて努力してもそれが報われて目的が達成されるとは限らないということ。

その最悪な想定を頭に入れておかなければ失敗したときのダメージは計り知れません。今までの努力が無駄になれば当然です。しかし、その最悪な想定を念頭に置いて事を目指すのは辛いことですね。うn。

それだけ、目指すものが大きいということなんでしょうか?一種の弊害ですね分かります。

てなわけで、それだけの器が自分に備わっているのか疑問でなりませんが、精進します。応援してねw

いつか人を楽しませ、感動させることを夢見ています






かみゆ
ちょっぴり夢見がちなザクマニアより愛を込めて


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
FC2プロフ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
ガンダム名言録
FC2ブログランキング
ウラガン
このバナーを
皆さんにクリックしてもらえよ
これは・・・いいものだ~

FC2Blog Ranking

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

ブライト・ノアの航海日誌  ガンダムが好き!だからガンプラ作る

ネギ食え!いいからネギ食え!【ネオギガンのブログ】
リンク (ブログとはかけ引きなのだよ)
ブロとも申請フォーム
ガノタなら判るはずだ
同志になれ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。